あれ、父兄を超えたかなと思った出来事だ

第三者は他人のリスクや粘り、凝っているイベント、気にしていることに対し、下らないとか、そんなのにハマるのとか、取り敢えず他人のが理解できませんよね。でも身はこれは成長してから、気が変わって人のリスクや執着心が理解できるようになって滅茶滅茶にしなくなったのです。だって、その他人から見れば私のリスクや執着心だって、ものすごくみっともないと思っている筈なんですよ。ウィン・ウィンだってことです。だから、おやこの人はここにこだわっているのか、これを気にしているのかと理解できるようになりましたね。自分も同じなんだから。ところが私の父母は身には各種周辺で小メチャクチャにしたような物言いを講じるんですね。身が耐えることや苦しんで抜け出せないイベントに対して、そんなの簡単だよとか、こうすればいいじゃんとかって早く片付けられてしまうんです。しょっちゅうそれで悔しいですが。でも、こっちから言わせれば、あんたもそんなことで耐えるの?と思ってしまうよ。第三者は自分、人のリスクや執着心が下らなく見えてもそれはウィン・ウィンなんだから、分かってあげなくちゃというため父母は未だにこれが思い付かんだなと、超えたなと感じました。キレイモ 支払い方法